ムンスタ!更新中!!その2

みなさんこんにちは!
広報担当くまだです(^-^)/

月がキレイに見える夜が多くて嬉しいこの頃です。
やはり秋はお月見ですね!!

先日、とてもよく晴れた夕方、月の出を撮影しようと惑星広場で待機していました。
月の出の時刻を過ぎても一向に姿を現さないお月さま。
もしかして下の方が曇っているのかしら?と不安になり始めた頃、山の上が薄っすらと明るくなり始めました!

171005_02.jpg

171005_03.jpg

カメラを構えてじーっと見ていると、月の頭がぴょこっと出てきました。

171005_04.jpg

昇り始めるとあっという間。

171005_05.jpg

171005_06.jpg

動画に静止画に、バタバタと撮影している間に、すっかり昇りきっていたのでした。

171005_07.jpg


肉眼でももっと堪能したかったなぁ・・・。
なかなか上手く撮れない写真を見ながら、そんなことを思っていると、その夜、とってもステキな月を見ることができました!!

ジャーン!!
171005_01.jpg

月の回りに大きな大きな傘が!
「月暈(げつうん)」と呼ばれる現象です。

ムーンスタグラムに燃えるスタッフ岩﨑とともに、撮影してみたのですが、なかなか上手く撮れず、結局ベテランスタッフ松下が撮影した写真をもらったのでした。。

まだまだ修行が必要です(つД`)ノ


みなさんも、秋の夜長、月を眺めてみてはいかがでしょう!
天文台のインスタグラムでも、随時、月写真をアップ中です
インスタグラム


広報担当/くまだ

ムンスタ!更新中!


みなさんこんにちは!広報担当くまだです(* ´ ▽ ` *)

前回のブログで岩﨑がご紹介していましたが、新しいソラリストはもうご覧いただけましたか?

今号では「月」を大特集しております

moonstagram_soralist.jpg


紙面でご紹介している月写真は、すべて天文台スタッフが撮影したものです。
制作期間中、フォトジェニックな月を求め、カメラとともにさまよっていたのでしたヽ( ´_`)丿

たくさん月写真を撮ったにもかかわらず、紙面スペースの都合上、泣く泣く断念した写真も数知れず・・・。


そ・こ・で!


せっかくなので、このブログや天文台のインスタグラムで、ボツになってしまった写真を随時ご紹介していきます

第一弾!

夕方青空の中に見える月を撮影しました

IMG_6118.jpg

電線と一緒に撮影すると、まるで音符のようにも見えませんか?
IMG_6116.jpg

薄っすら雲がかかっているのも柔らかな雰囲気で綺麗です。
IMG_6111.jpg


インスタグラムでは、その日撮影した月もご紹介していますので、ぜひご覧くださいませ☆

天文台インスタグラム


広報担当/くまだ

MOONSTAGRAM ~見つけた!~

みなさんこんばんは~!
食べることが生きがい!お肉大好き、岩﨑です

今日のお昼ご飯はコチラ!
どーーーーんっ!
moonstagram1_10.png

満月チーズ月見バーガー(((o(*゚▽゚*)o)))

みなさんはもう食べましたか?
「満月」という名前に惹かれ、買ってしまいました~。

秋はお月見シーズンですね!+゚。*(*´∀`*)*。゚+

ソラリスト秋号では、『ムーンスタグラム』と題し、秋に見頃の「月」を大特集!
秋冬に見られる月に関する天文現象はもちろん、月の豆知識や、カメラで月を撮る際のポイントなどをご紹介しています。

2017soralist_au_omote.jpg

私もムーンスタグラムに挑戦してみました!
月と火星と水星が並んでいます。(左下が水星、右上が火星です。)

moonstagram2_10.png

挑戦してみたいという方!
これからの月と惑星が並ぶチャンスはコチラをご覧ください!
【9月】 月と惑星が並ぶ
【10月】 月と惑星が並ぶ

素敵な写真が撮れたら教えてくださいね!
晴れますように!

がんばれ総務チーム!~中秋の名月~

みなさまこんにちは!
総務のすずきです。
先日、仙台市天文台総務チームの内部研修、四回目を行いました☆

「続かないんじゃないのぉ~。」「本当にできるのぉ~。」という当初の予想を裏切って(?)、何とかかんとか継続中です!



仙台市天文台総務チームの内部研修とは、
宇宙や天文については正直あまり詳しくない仙台市天文台の総務・受付スタッフ12名が、「お客様と、宇宙や天文に関する情報を共有できるよう、天文知識の向上に努めよう!」という目的で開催している、
「天文素人による天文素人のための」天文研修です。

☆内部研修開催の経緯や概要について→コチラの記事をご覧ください。
☆これまでの研修内容はコチラ
第一回目「2017年 惑星の見頃」
第二回目「満月の大きさ」
第三回目「ペルセウス座流星群」



第四回目の研修のテーマは、「中秋の名月」
二回目の研修で大混乱を招いた「月」を再びテーマに、リベンジです!!
(大混乱の様子→がんばれ総務チーム!~「月」で頭が大混乱の巻~

170830.jpg
ダウンロードもできます(→pdf


道端のススキが風にそよぎ、澄み渡った青空を赤とんぼが飛び始め、秋の気配を感じる頃になると、何とな~くお月見が気になり始めませんか?

今回の研修では、「中秋の名月」についてのお客様からのご質問に間違って答えてしまったソームさんを想定し、スタート!


お月見というと、秋→9月→十五夜→15日→9月15日の満月の日だ~!とイメージしてしまいませんか?


そんな勝手なイメージはしないという方!!
さすがです!天文に詳しいとお見受けしました!

しかし、私たち総務チームは、天文台に勤めていながらまだまだ天文素人。
内部研修中の身です。


勝手なイメージを払拭し、正しい知識を得るべく、「中秋の名月」について勉強しました!




「中秋の名月」を知るには、旧暦を知ることが必要不可欠!!
現在の暦(太陽暦)になる前、日本では旧暦(太陰太陽暦)を使っていました。

太陽暦が太陽の動きを元にしているのに対し、旧暦(太陰太陽暦)は月と太陽の両方の動きを元にしています。

旧暦では、新月の日が毎月の一日(ついたち)になります。
そして、旧暦の毎年八月十五日が「中秋の名月」、お月見の日だったのです☆

現在の暦(太陽暦)で旧暦の八月十五日にあたる日は年によって異なり、
今年2017年は10月4日が中秋の名月になります!

その他にも、中秋の名月の日のお月さまは必ずしも満月とは限らないこと、季節による夜空での満月の通り道の違い、十三夜など、今回はそれ程混乱せず(!?)研修を行うことができました☆



街中はもうすっかりハロウィンの気配が漂っていますが、その前にお月見がありますよ~。
中秋の名月を愛でながら、月に思いを馳せてみてくださいね☆

プラネくんとお団子


中秋の名月についてもっと詳しく知りたい方はコチラ→天体観察ガイド「中秋の名月」


次回の内部研修報告もどうぞお楽しみに☆

再び太陽!!!


こんにちは!広報担当くまだですヽ( ´_`)丿

先日から“太陽フレア”が話題になっていますね

天文台での観察会等は特に行っていないのですが、スタッフは珍しい現象にそわそわしていました。

展示室内にある「太陽電波の音」を聴くことができる展示では、いつもの音と違って「パチパチ」という音がする時がありました。
今回の件と関係あるかは謎です。
IMG_51122.jpg


太陽黒点もくっきり大きなものが!!
IMG_51132.jpg

ドーン!
IMG_51142.jpg


大きな黒点だったので、肉眼でも見えるかしら・・・?と、日食めがねを手に外に出るスタッフ。
IMG_51162.jpg

残念ながら日食めがねでは見えない模様。

それでは!と、太陽観察ができるよう特殊なフィルターを付けた双眼鏡(スタッフ私物)で再びチャレンジ!

見えるかな?見えるかな?
IMG_51182.jpg

見えたー!!!\(^o^)/
IMG_51192.jpg

別の特殊なフィルターを付けた双眼鏡(スタッフ私物)でもチャレンジすると、今度もちゃんと見えました!
IMG_51202.jpg


もうしばらくは太陽に夢中なスタッフなのでした。

天文台のウェブサイトから現在の太陽の様子を見ることができますので、ご覧になってみてくださいね
☆こちら→太陽ライブカメラ


※太陽は絶対にじかに見てはいけません
※普通の双眼鏡でのぞいてはいけません。
※必ず太陽観察専用の道具を使ってみましょう



広報担当/くまだ

太陽!!

みなさん、こんにちは!昨日に引き続き、岩﨑です!
昨日は太陽が恋しいと記事を書いたのですが、さっそく晴れましたね
願いが通じたのでしょうか
久しぶりに朝日を浴びることができて元気いっぱいです

昨日の記事は→コチラ

さてさて、アメリカでの皆既日食は快晴だったようですね!
天文台にも素敵な写真が届きましたヾ(・∀・)ノ

コロナが綺麗に見えています自分の目で見たいですね~
コロナの形は日食毎に違うそうですよ!
IMG_6621_credit.jpg

プロミネンスも見えていますよ!
※クリックして写真を拡大してみてください
IMG_0862_credit.jpg

ダイヤモンドリング!月の谷間からもれ出る光が明るく輝き、ダイヤモンドのように見えています。
ダイヤモンドリング_credit

皆既日食中には星が見れるのです!見てみたいな~
写真に写っているのはしし座のレグルスだそうですよ
外部コロナとレグルス_credit

日本で皆既日食が見れるのは2035年9月2日ですヽ(´∀`)ノ
楽しみに待ちましょう~

太陽が恋しいですね

みなさん、こんにちはー!岩﨑です!
仙台はずっと、ずーっと、ずーーーっと雨が続いていますね・・・。
太陽の光が恋しいです。゚(゚´Д`゚)゚。

展示室では太陽の黒点スケッチをスタッフが記録していますが、
最後の記録は・・・。

IMG_4877_1.jpg
なんと8月2日です!その後はスケッチできず(´・_・`)
「夏がくる~♪」と期待していたあの頃が懐かしいです。

次はいつスケッチできるのでしょうか!楽しみに晴れるのを待ちます。

さてさて、アメリカでは晴れていても太陽が見えなくなるようですよ!

月が太陽を隠す、皆既日食が起こるのです(*’U`*)
日本では見ることができませんが、アメリカの一部で皆既日食を見ることができますよ

なぜアメリカでは見ることができるのに、日本で見ることができないのでしょうか・・・。

展示室で自由研究してみました!
展示室の太陽系コーナーへレッツゴー!!(o‘∀‘o)*:◦♪
IMG_4882.jpg

ポイントは太陽と月と地球の位置関係です。月は地球のまわりをぐるぐるまわっています。
あれ!太陽の光によって影ができていますね。
IMG_4879.jpg

なになに、こちらから見てみましょう?
IMG_4880.jpg

あっ!地球に月の影が!
IMG_4881.jpg

月が太陽の光をさえぎるので、地球に影ができているんですね~
影に入っている地域から見ると太陽の光がさえぎられているように見えます。
つまり!影の地域だけ、日食を見ることができるということなのです!

スッキリ!スッキリ!
今回は、影の中に日本が入っていないので日食を見ることができないんですね。
日本からは見ることができませんが、インターネットで中継もあるようですよ!
日食が起こるのは8月22日の未明です
仙台では久しく見ていない・・・太陽を!早起きして見てみてはいかがでしょうか(((o(*゚▽゚*)o)))

がんばれ総務チーム!~ペルセウス座流星群~

みなさまこんにちは!
今回のブログでは、仙台市天文台総務チームの内部研修三回目の様子をお伝えします!


仙台市天文台総務チームの内部研修とは、
宇宙や天文については正直あまり詳しくない仙台市天文台の総務・受付スタッフ12名が、
「お客様と、宇宙や天文に関する情報を共有できるよう、天文知識の向上に努めよう!」という目的で開催している、
「天文素人による天文素人のための」天文研修です。

★内部研修開催の経緯や概要について→コチラの記事をご覧ください。

★これまでの研修の内容
第一回目「2017年 惑星の見頃」
第二回目「満月の大きさ」




第三回目の研修は、2017年7月19日に実施しました。

今回のテーマは、「ペルセウス座流星群」です!

170719.jpg
資料はダウンロードもできます(→pdf


天文素人とはいえ、天文台で日々お仕事をさせていただいている私たち、
「流星群」についてはもちろん、聞いたことはあります!
「流星群」とは一体何なのかも、だいたいは知っているつもりです!!







全然自慢にならないですね・・・ハイ・・・(汗)

そこで、流星群に関する知識をもう少し深めて、お客様にも「ペルセウス座流星群」の楽しみ方をご紹介できるよう、勉強しました。



まずは、「流星群」とは何なのか?をみんなで確認!

みなさんすでにご存知かとは思いますが、 流星群とは毎年ほぼ同じ時期に、夜空のある一点から放射状に出現するたくさんの流れ星のことを言います。その、ある一点のことを「放射点」と呼び、ペルセウス座流星群は「放射点」がペルセウス座という星座の中にあります。



では、どうして、毎年だいたい同じ時期に見られるのか、を勉強!

彗星が撒き散らした塵の帯を地球が通過する時に発現するのが流星群です。
地球が太陽の周りを1年で一周するので、その帯のところを地球が通過するのが毎年だいたい同じ時期になるんですね!



そして、今年の「ペルセウス座流星群」の観察に必要なデータをみんなでチェック!
活動期間や、極大日時、極大日の月の出や月の入りの時刻を確認しました。



さらに、今回初登場!!
「教えて総務さん!」のコーナー

「どうしたら流星をたくさん見られるの?」というAさんからの質問を想定し、みんなで答えてみました!
○お天気は?
○街の灯りは?
○月の明かりは?
○必要な装備は?
○観察にオススメの日時は?

観察のポイントをおさえておくと、流星探しの手がかりになり、たくさんの流星を見つけるチャンスが増えますよ☆
みなさんも、流星探しでお困りの際には、ぜひお気軽にご相談くださいね。



そしてそして!
仙台市天文台でも、8月12日の夜7時30分から9時30分までの間、
特別観察会「ペルセウス座流星群をみよう!!」というイベントを開催します!

天文台の外にある「惑星広場」にみんなでゴロンと寝転がって、一緒にペルセウス座流星群を観察します。
みんなでわいわい流星探しをしたいという方や、小さいお子様連れで山の上まで見に行くのはちょっと心配・・・という方にもオススメです☆

ペルセ観察会02
(↑昨年開催時の様子)

イベントの詳細はコチラ→
みなさまのご参加をお待ちいたしております☆



次回の内部研修は、「中秋の名月」についての予定です!
またご報告させていただきますね☆

隕石のかけら

みなさんこんにちは!
広報担当くまだです。

先日、話題の映画「君の名は」のBlu-ray&DVDが販売開始しましたね

隕石が出てくるお話でしたが、今年の夏、天文台にも隕石がやってきます

といっても、映画のように巨大な隕石ではありませんのでご安心ください
小さな“隕石のかけら”がやってきます!

隕石を薄くスライスしたものです。
IMG_07942.jpg

そのまま見ると、ただの石のようにも見えますが・・・
IMG_07952.jpg


偏光顕微鏡という、顕微鏡に偏光シートを付けて観察すると・・・

DSL30001.jpg

こんなにキレイな色に見えるのです

DSL30002.jpg

万華鏡みたいでとってもキレイですよね~+゚。*(*´∀`*)*。゚+
石によって色が変わるので、ぜひ実際にいろいろな石をのぞいて見てくださいね!


このかけらは、8月19日(土)に開催する、
仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科公開サイエンス講座 第1回「巨大惑星をめぐる旅」-地球物理学専攻・地学専攻編-
のイベントで公開します

イベントでは隕石のかけらのほかにも、「人工衛星折り紙」や、惑星探査機についての「ミニ講演会」なども開催します!

ラジオを使って衛星を探すこともできますよ

IMG_39552.jpg
↑手作りラジオ。電波の強いところならちゃんとラジオも聴ける優れものです。

IMG_39502.jpg


夏の自由研究にもぴったりな内容となっていますので、ぜひご参加くださいませ~\(^o^)/

★詳しくはこちら→イベントチラシ(PDF)


広報/くまだ

ミニプラネリハーサル!


こんにちは!
広報担当くまだですヾ(・∀・)ノ

本日、7月22日に開催する「ミニプラネタリウムdeおはなし会」のリハーサルを行いました

IMG_38362.jpg

広瀬図書館の方による絵本の読み聞かせ。
とっても素敵でした~


ミニプラネタリウムをご存じないという方のために、写真をパシャリ!
ドーン!
IMG_38302.jpg

入口はこちら。。

入って…
IMG_38482.jpg

出て…
IMG_38552.jpg


こんな感じのミニプラネタリウムです
IMG_38452.jpg

中には本格的な投映機が入っていますので、美しい星空を楽しむことができますよ♪

ブログ更新時(7/13現在)では、まだ定員に余裕があります。
この機会にぜひご覧になってみてくださいませ~


*イベントの詳細はこちら→「ミニプラネタリウムdeおはなし会

※先着順の事前申込制となっております。定員に達し次第募集終了となります。あらかじめご了承ください<(_ _)>


広報担当/くまだ
プロフィール

SAO1300

Author:SAO1300
仙台市天文台のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
www.sendai-astro.jp
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。
運用ポリシーはこちら

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

レポート 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
244位
アクセスランキングを見る>>
href=