映画「天地明察」が観たい②

というわけで、実はまだ映画「天地明察」を見れていないのですが(スミマセン)、そんなある日、会津若松でお仕事をしている友達から、「腹ごなしに職場近くの神社を散歩したよ」とこんな画像が送られてきました。

A3x0SykCUAAfq5q.jpg

「ほほう、諏方神社ね…」

神社仏閣好きの私は、何気にこの神社について検索してみました。

そしたらなんと、この神社は会津若松城の鎮守であり、「会津暦」という地方暦を制作していた神社だったということが発覚しました。

暦!?…暦といえば「天地明察」じゃないですか!!

詳細は国立国会図書館のウェブをご覧いただきたいのですが、つまりどうやら

諏方神社の神官である諏方氏、笠原氏、佐久家氏は、渋川春海(天地明察の主人公)が日本独自の「貞享暦」という新たな暦を作り上げる前、中国で考案された「宣明暦」を元に、独自に地方暦を作っていて、改暦後は幕府天文方から直接送付される「写本暦」(頒暦の稿本)というものを元に、「会津暦」を版行し続けたんだとか…。

※解釈が間違ってたらご指摘よろしくお願いいたします

たまたま送られてきたこの画像により、さらに「天地明察」観たいぞ熱が高まりましたよ

ではまた次回。(次回は果たして映画、観てるでしょうか~

菅野

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAO1300

Author:SAO1300
仙台市天文台のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
www.sendai-astro.jp
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。
運用ポリシーはこちら

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

レポート 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
39位
アクセスランキングを見る>>
href=