それいけ!くまだの突撃☆取材レポート

みなさま、はじめまして。
広報担当のくまだと申します。

以前、鈴木さんのブログで紹介がありました、新人彗星(笑)Kです。
名前の通り動物の“くま”が大好きです。

fecebookやらツイッターやらを更新しています。
天文台内では、カメラをぶら下げて、取材と称してあちこち撮影しています。

カメラをぶら下げた怪しげなスタッフを見かけましたら、ぜひお声掛けください☆

*******

さて、そんなくまだがお送りする「それいけ!くまだの突撃☆取材レポート」(勝手に命名)

第1回目は現在好評開催中の企画展のご紹介です!
この展示では、12個の体験型実験装置を使って、光の謎に迫ります。

会場入口でお出迎えしてくれる、こちらのダンディな殿方↓

kikakuten_20140118160926b72.jpg

この方、「探偵ウェーブ」さんと申します。

この人の助手になって、光調査ミッションに参加し、謎を解き明かしていくのです。

ではでは、さっとくミッションを開始しましょう!

今回取材に協力してくださったのが、こちらのお二人↓

IMG_32952.jpg

岩沼市からお越しの三品幸太郎くんとみどりちゃん!

お父さんと一緒に3D幻灯館を体験しました。

3D幻灯館とは、3Dメガネを装着し、なにやらカーテンで仕切られた小部屋に入っていきます。

IMG_32902.jpg

一体、何が待ち受けているのでしょう。。
どきどきです。

体験が始まると、中から声が聞こえてきます。。
「手が追いかけてきます…」
「恐竜が…」

これだけではさっぱりわかりません。

体験を終えた二人にインタビューしてみました。

P11200162.jpg

「手が近づいてきてドキドキした」
「立体的に見えて楽しかった」

どうやら何かが立体的に見えて、迫ってくるようです。

二人はとても満足そうでした◎

実際にどんなものが見えて、どんなことが起こるのかは、来館した際にぜひ体験してみてください。


*******

今回のレポートはここまでです。

まだまだご紹介したい装置が盛りだくさんなので、また次回、続きをご紹介しますね☆

企画展の詳細を知りたい!という方はこちらをご覧ください。→こちら

こんな感じで、マイペースに天文台内のあれこれを紹介していけたらと思います。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


スタッフ/くまだ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAO1300

Author:SAO1300
仙台市天文台のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
www.sendai-astro.jp
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。
運用ポリシーはこちら

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

レポート 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
316位
アクセスランキングを見る>>
href=