ミラクルくるくる~♪

こんにちは!
胃腸が弱い広報担当くまだです。

今年はスーパームーンだの、ブラッドムーンだの、さまざまな呼び名でなにかと月が話題になっていますが、やっぱり名付けられましたね!

「ミラクルムーン」

一年に二度十三夜が見られることが珍しいことから、マスコミなどではこぞってこの呼び名を使ったようです。

では、いったい何がミラクルなのでしょう?

広報担当として、天文に詳しいスタッフに聞きまわって勉強してみました!....φ(・ω・` )メモメモ

そもそも十三夜とは、旧暦の9月13日のことをいうそうで、今年は10月6日でした。
旧暦は、3年に一度、閏月(うるうづき)をいれることで、暦を調整するとか。
今年は、旧暦9月のあとに、閏9月が入るため、もう一回旧暦の9月13日、つまり十三夜が巡ってきたとのことです。
その二度目の旧暦9月13日が、先日の11月5日だったのですね。

1年に2回も十三夜が訪れるのは、暦の上ではとっても珍しいようで、171年に一度とかいう噂も。。。


暦って難しいですよね。。。ここまで聞きまわったものの、完璧に理解できた☆なんて口が裂けても言えません(- -;)

とりあえず、なんだか珍しいよ☆ってことはわかりました!(←それでいいのか!?)

暦の上では珍しい日ですが、お月様はいつもと変わらずに空に輝いています。
見た目でミラクル!に光ったり、大きくなったりするわけではないのですね~(´-`).。oO
(…そもそも満月は本日、11月7日だったりします。)


そんな中、2度目の十三夜の日に、天文台スタッフがたまたま松島の円通院に出かけていたそうです。

松島の紅葉と円通院、お月様がとっても綺麗です。

mirakuru01.jpg

mirakuru02.jpg

mirakuru03.jpg

ミラクルかどうかはともかく、秋の紅葉が綺麗な季節に、月を眺めるきっかけになるのであれば、いいのかなぁと、そんなことを思ったのでした◎

おしまい。

広報/くまだ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAO1300

Author:SAO1300
仙台市天文台のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
www.sendai-astro.jp
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。
運用ポリシーはこちら

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

レポート 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2334位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
221位
アクセスランキングを見る>>
href=