がんばれ総務チーム!~「月」で頭が大混乱の巻~

今回は、以前のブログでご紹介しました仙台市天文台総務チームの内部研修第二回目の様子をお伝えします!


この研修は、宇宙や天文については正直あまり詳しくない仙台市天文台の総務・受付スタッフ12名が、「お客様と、宇宙や天文に関する情報を共有できるよう、天文知識の向上に努めよう!」という目的で開催している、「天文素人による天文素人のための」研修です。

(内部研修開催の経緯や概要についてはコチラの記事をご覧ください→
(第一回目の研修内容についてはコチラ→



2017年5月31日に開催した第二回目の研修は、テーマが、
「満月の大きさ」でした。


そして、この第二回目の研修で、私たちは自分たちがいかに天文音痴であるかを思い知ったのです・・・!



まずは、「満月」はどんな時に見えるのかの確認からスタート。
みんな、何とな~く、子どもの頃に習った記憶はあるのですが、ここで早速大混乱!


資料(→ダウンロードもできます!pdf)の左上のところ、a、b、c、d、どの位置に月があれば地上から満月に見えるのか・・・。

170531.jpg



きっと、「そんなの簡単~!」と思われた方が多いと思いますが・・・、
これが私たちには結構な難問だったのです。


答えは・・・・・
















cですね☆
太陽の光が月にどう当たっているのを元に考えるのがポイントです!



そして、今回のテーマでもある「満月の大きさ」について。
この研修が行われた5月31日の数日後、6月9日が今年最小の満月の日ということで、
「どうして満月の大きさが変わるのか?」をみんなで勉強しました。


昨年は、月が大きく見えるという「スーパームーン」が大きな話題になりました。
記憶に新しい方も多いのではないでしょうか?


月が大きくなったり、小さくなったり・・・、
実際に膨らんだり、縮んだりしているのでしょうか・・・?


実際には地球の周りを回る月の軌道が楕円形をしているため、
地球に近いところにあるときは大きく、遠いところにあるときは小さく見えます。

しかしその違いは、月と地球の距離が遠いため、肉眼ではなかなか分からないほどです。



月と地球は一体どれくらい離れているの?
月と地球の大きさの差ってどれくらいなの?


そんなことも合わせて勉強しました!



きっと少しずつは天文に詳しくなっていっているハズと信じながら、
今後も研修に励んでまいります☆

次回は、流星群について研修の予定です!
またご報告させていただきますね☆



6月9日の今年最小の満月を仙台市天文台のスタッフが撮影しました!
こちらからご覧いただけます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAO1300

Author:SAO1300
仙台市天文台のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
www.sendai-astro.jp
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。
運用ポリシーはこちら

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

レポート 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1953位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
198位
アクセスランキングを見る>>
href=