がんばれ総務チーム!~ペルセウス座流星群~

みなさまこんにちは!
今回のブログでは、仙台市天文台総務チームの内部研修三回目の様子をお伝えします!


仙台市天文台総務チームの内部研修とは、
宇宙や天文については正直あまり詳しくない仙台市天文台の総務・受付スタッフ12名が、
「お客様と、宇宙や天文に関する情報を共有できるよう、天文知識の向上に努めよう!」という目的で開催している、
「天文素人による天文素人のための」天文研修です。

★内部研修開催の経緯や概要について→コチラの記事をご覧ください。

★これまでの研修の内容
第一回目「2017年 惑星の見頃」
第二回目「満月の大きさ」




第三回目の研修は、2017年7月19日に実施しました。

今回のテーマは、「ペルセウス座流星群」です!

170719.jpg
資料はダウンロードもできます(→pdf


天文素人とはいえ、天文台で日々お仕事をさせていただいている私たち、
「流星群」についてはもちろん、聞いたことはあります!
「流星群」とは一体何なのかも、だいたいは知っているつもりです!!







全然自慢にならないですね・・・ハイ・・・(汗)

そこで、流星群に関する知識をもう少し深めて、お客様にも「ペルセウス座流星群」の楽しみ方をご紹介できるよう、勉強しました。



まずは、「流星群」とは何なのか?をみんなで確認!

みなさんすでにご存知かとは思いますが、 流星群とは毎年ほぼ同じ時期に、夜空のある一点から放射状に出現するたくさんの流れ星のことを言います。その、ある一点のことを「放射点」と呼び、ペルセウス座流星群は「放射点」がペルセウス座という星座の中にあります。



では、どうして、毎年だいたい同じ時期に見られるのか、を勉強!

彗星が撒き散らした塵の帯を地球が通過する時に発現するのが流星群です。
地球が太陽の周りを1年で一周するので、その帯のところを地球が通過するのが毎年だいたい同じ時期になるんですね!



そして、今年の「ペルセウス座流星群」の観察に必要なデータをみんなでチェック!
活動期間や、極大日時、極大日の月の出や月の入りの時刻を確認しました。



さらに、今回初登場!!
「教えて総務さん!」のコーナー

「どうしたら流星をたくさん見られるの?」というAさんからの質問を想定し、みんなで答えてみました!
○お天気は?
○街の灯りは?
○月の明かりは?
○必要な装備は?
○観察にオススメの日時は?

観察のポイントをおさえておくと、流星探しの手がかりになり、たくさんの流星を見つけるチャンスが増えますよ☆
みなさんも、流星探しでお困りの際には、ぜひお気軽にご相談くださいね。



そしてそして!
仙台市天文台でも、8月12日の夜7時30分から9時30分までの間、
特別観察会「ペルセウス座流星群をみよう!!」というイベントを開催します!

天文台の外にある「惑星広場」にみんなでゴロンと寝転がって、一緒にペルセウス座流星群を観察します。
みんなでわいわい流星探しをしたいという方や、小さいお子様連れで山の上まで見に行くのはちょっと心配・・・という方にもオススメです☆

ペルセ観察会02
(↑昨年開催時の様子)

イベントの詳細はコチラ→
みなさまのご参加をお待ちいたしております☆



次回の内部研修は、「中秋の名月」についての予定です!
またご報告させていただきますね☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAO1300

Author:SAO1300
仙台市天文台のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
www.sendai-astro.jp
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。
運用ポリシーはこちら

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

レポート 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
211位
アクセスランキングを見る>>
href=