大きい黒点が出ています

今日は素敵な秋空!
外でひなたぼっこするには最高ですね~
肉眼黒点01

おひさまの光を浴びながら、何をしているのでしょう?

実は、「太陽の黒点」を見ているんです。
普通なら望遠鏡を使わないと見ることのできない「黒点」ですが、
とても大きい黒点は、肉眼でも ぼちっと見えるんです。
肉眼黒点02

太陽をそのまま見てはいけません。
「遮光版」とか「日食グラス」を使わないと目を痛めてしまいます。

見学に来た小学生も太陽に注目!
「おお~!」「すげ~!」「見えた~!」と大喜び。
肉眼黒点03


今日の太陽ですまん中あたりに大きい黒点が見えますね。肉眼黒点04

ちょっと考えてみました。
角度の1分を見分けられる能力が、視力の1。
(角度の1分とは、1度の60分の1です)
太陽の見かけの角度は、30分です。
上の写真の太陽像の直径が15cm。
15cm÷30=0.5cm(5mm)。
だから、15cmの太陽像で、黒点の黒い部分の大きさが5mm以上あれば、
視力が1の人だと肉眼で見える、ということになる。

う~ん、ややこしい!

太陽は、最近とても活発になってきていて、これからも大きい黒点がぞくぞくあらわれそうです。
自宅に「遮光版」や「日食グラス」があったら、太陽と仲良しになってね。

高橋






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAO1300

Author:SAO1300
仙台市天文台のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
www.sendai-astro.jp
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。
運用ポリシーはこちら

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

レポート 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
194位
アクセスランキングを見る>>
href=