日食☆素朴な疑問

今日は素晴らしい青空が広がっています。
明日は 日食。
連日、テレビ、ラジオ、新聞に取り上げられている日食ですが、
太陽さん、恥ずかしがって雲にかくれたりしないでね。

さて、多くの報道がなされていますが、今更聞けない素朴な疑問・質問 ありませんか?
天文台にいらしたお客様、お電話の質問、はたまた 私の友人や家族たち。。。
色々と聞こえてきた声にお答えしましょう。


1.仙台では見えないんでしょ?
 日本列島にかかる金環日食帯の地図。よく「ここにいる人たちが見えます」と説明されていて、仙台は確かに外れています。でも、日本中で部分日食は見られます。しかも、仙台では9割も太陽がかくれます。細い細い太陽を見ることができるんですよ!

2.昔は黒い下敷きで見たけど大丈夫だったから、日食めがねはいらないよ。
 お~、これはだめですよ。現在は、太陽の光が目に与える危険性が解っているので、太陽を見る専用の道具を使って見て下さいね。

3.夜見えるの?
 天体ショーと言っても太陽のことですから、昼間ですよ。

4.7時40分の前後5分くらい見るんですよね?
 仙台では、7時40分に最も欠けますが、せっかくですから、月にかくれ始める6時23分から 月が太陽の前をかくし終える9時9分まで、楽しんでくださいね。ただし、日食めがねを使ったとしても、じ~っと長い時間見続けてはいけません。

5.ちょうど子どもの通学時間ですが、暗くなって子どもが怖がりませんか?
 部分日食では真っ暗にならないので安心してください。

6.私の買った日食めがねは大丈夫でしょうか?
 「日食めがね」と書いてあるもので、蛍光灯を見て、光がはっきり分かるものは危険です。

7.日食めがねは、日食の時しか使えないの?
 太陽を見るための道具、と思ってください。6月6日には、太陽の手前を月ではなくて、金星が通り過ぎていくのが見られますよ。また、大きい黒点なら日食めがねを使ってぽちっと黒点が見えることがあります。バッグに入れておいて、気が向いた時に太陽ウォッチングでもいかがですか?

日食を生まれて初めて見る方も大勢いらっしゃることでしょう。
太陽が欠けて見えるのは、1億5000万キロかなたの太陽のまん前を、地球の衛星であるちっこい月が通り過ぎていっているということ。
広大な宇宙で起こっている出来事を想像しながら、みなさんそれぞれの方法で楽しんでくださいね。

まずは、晴れますように!


teru.jpg

髙橋

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAO1300

Author:SAO1300
仙台市天文台のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
www.sendai-astro.jp
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。
運用ポリシーはこちら

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

レポート 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
210位
アクセスランキングを見る>>
href=